【世界乒乓球】日本男子铜牌未超过中国,觉醒的张本赢得了中国2场比赛!(转载)

楼主:ty_小熊晒太阳 时间:2022-10-10 09:04:07 江苏 点击:79 回复:1
脱水 打赏 看楼主 设置

字体:

边距:

背景:

还原:

  【世界卓球】日本男子銅メダル 悲願の中国超えならずも覚醒の張本が中国に2勝の大殊勲!
  【世界乒乓球】日本男子铜牌未超过中国,觉醒的张本赢得了中国2场比赛!
  https://news.yahoo.co.jp/articles/31a195839cd9acb690eb8aaa0bb7eff08eb0d172

  【世界卓球2022 準決勝 日本 2-3 中国】
  【世界乒乓球2022半决赛日本2-3中国】
  【LIVE配信】「世界卓球2022」9月30日(金)~10月9日(日)開催!
  “世界乒乓球2022”9月30日(周五)~10月9日(周日)举办!
  大会9日目の10月8日、男子団体決勝トーナメント準決勝が行われ、日本(世界ランク3位)が中国(同1位)にマッチカウント2-3で敗れて、銅メダルに終わった。
  10月8日,比赛的第九天,举行了男子团体决赛的半决赛,日本队(世界排名第三)以2比3的比赛成绩输给了中国队(世界排名第一),最终获得铜牌。
  日本男子は世界卓球団体戦では1957年ストックホルム大会以来、65年ぶりの勝利をめざしてアウェーの地で最強軍団に立ち向かったが、あと一歩のところで牙城を崩せなかった。
  日本男队在赢得世界乒乓球团体赛的道路上面对最强大的队伍,这是自1957年斯德哥尔摩赛事以来,65年来第一次接近冠军,但却未能打破他们的堡垒,只差一步之遥。
  第1試合、全日本王者の戸上隼輔(明治大学/同45位)が、世界卓球王者の樊振東(同1位)と対戦。
  観客の大応援の完全アウェーの中、躍動する樊振東。第1ゲームは5-11で先制され、第2ゲームに粘りを見せるもストレートで世界王者に敗れた。
  在第一场比赛中,全日本冠军户上隼輔(明治大学/世界排名第45位)对阵世界乒乓球冠军樊振东(世界排名第1位)。
  樊振东在一场彻底的客场比赛中充满活力,观众为他大声欢呼。 他在第一场比赛中以5-11领先,尽管在第二场比赛中表现得很坚持,但还是直落两局输给了世界冠军。
  第2試合はエース張本智和(IMG/同4位)が、22歳で中国の次期エース候補・王楚欽(同11位)と対戦。
  在第二场比赛中,王牌张本智和(IMG/世界排名第四)对阵22岁的王楚钦(世界排名第11),这是中国的下一个王牌候选人。
  第1ゲームを取られるも、3連続サービスエース奪うなど王との打ち合いを制して3-1で逆転勝利。今大会、1つも試合を落とすことなく全試合3-0で勝利していた中国から初白星を挙げて、マッチカウントを1-1する。
  他拿下了第一场比赛,但在连续赢得三个发球局和与王楚钦的其他战斗后,赢得了3-1的反击胜利。 这是中国队的第一次洗牌,他们在本届比赛中以3-0的比分赢得了所有的比赛,没有输掉一场比赛,将比赛打成1:1。
  3番手の及川瑞基(木下グループ/119位)は、東京五輪金メダリストの馬龍から1ゲーム先取するも7連続ポイントなどを奪われて1-3で逆転負け。及川の粘りも届かず、日本は中国に王手をかけられた。
  第三场比赛选手是川瑞基(木下集团/世界排名第119位),从东京奥运会金牌得主马龙手中拿下一局,但连丢7分等,以1-3落后。 川瑞基的坚持是不够的,日本被中国赶超了。
  第4試合、張本智和と樊振東の日中エース対決。第1ゲームは張本が先取するも第2、3ゲームと連取されて1-2であとがなくなるも第4ゲームを奪い返しフルゲームに突入。第5ゲームで一進一退のすさまじいラリー戦を張本が制して世界王者を破る大金星。中国から2連勝を奪う大殊勲。
  在第四场比赛中,张本智和和樊振东在日本和中国王牌的对决中对垒。 张本智和拿下第一局后,樊振东接连拿下第二和第三局,将比分扳成1比2,但张本智和在第四局中重新夺回,将比赛拖入整场。 在第五场比赛中,张本智和在一场巨大的反击战中获胜,击败了世界冠军。 从中国拿下两连胜是一个伟大的成就。
  最終第5試合は戸上と王の対戦。第1ゲームで9-4とリードするもサーブミスから流れが変わり、逆転で先制を許す。第2、3ゲームも流れをつかめないまま突き放されて0-3のストレートで屈して大金星を逃した。
  第五场也是最后一场比赛,是在戸上和王的之间进行。 戸上在第一场比赛中以9-4领先,但一次发球失误扭转了局势,让王在反击中领先。 在第二和第三场比赛中,戸上未能找到感觉,被逼出局,以0-3直落败北,错失了一场大胜。
  日本はマッチカウント2-3で中国に敗れ、歴史的勝利とはならなかったが2大会ぶりの銅メダルを獲得。2001年大阪大会準決勝の中国対韓国以来となる中国への大善戦。2大会ぶりの銅メダルに大きな意味をもたせた。
  日本队以2比3的比赛比分输给了中国队,虽然这不是历史性的胜利,但这是日本队在两届大会上获得的第一枚铜牌,是自2001年大阪奥运会中国和韩国的半决赛以来对战中国,第一次在两届大会上获得的铜牌。
  <世界卓球 男子団体決勝トーナメント準決勝>
  <世界乒乓球男子团体决赛半决赛>。
  日本 2-3 中国
  ※5試合制(3戦先勝)五场比赛制(三场赢)
  <第1試合 第1场>
  戸上隼輔 0-3 樊振東
  5-11/10-12/4-11
  <第2試合 第2场>
  張本智和 3-1 王楚欽
  8-11/11-8/11-6/11-9
  <第3試合 第三场>
  及川瑞基 1-3 馬龍
  11-8/5-11/5-11/2-11
  <第4試合 第4场>
  張本智和 3-1 樊振東
  11-7/6-11/3-11/11-9/ 11-9
  <第5試合 第5场>
  戸上隼輔 0-3 王楚欽
  10-12/7-11/4-11

  日语新闻翻译
  苏州金桥翻译社提供

打赏

0 点赞

主帖获得的天涯分:0
举报 | 楼主 | 埋红包
楼主发言:1次 发图:0张 | 添加到话题 |
发表回复

请遵守天涯社区公约言论规则,不得违反国家法律法规