孙壁龙先生:禅茶佛壶情,书画笔墨意 禅茶のポットの情报、书画が墨を书

楼主:czckz 时间:2018-03-22 12:46:25 点击:165 回复:24
脱水 打赏 看楼主 设置

字体:

边距:

背景:

还原:

  孙壁龙先生“为人敦雅古穆,壶如之,波澜安闲,令人起敬。”信笔而书,神爽气畅,极有稚拙之趣和随意之情。以其想象力,独特的创意性,壶上挥毫,高古儒雅,隽秀脱俗。点画清逸,结构疏朗,颇有唐人“灵飞经”的意绪。笔调流畅书慢,小楷小也。泱泱瓷都,尚以“工分”多少论贵贱者十有八九。鲜有以艺论者,有,必大师贯穿始终,艺者不好说,大师具俱证尔。爽捷,气息灵动和顺,点画呼应和谐,魏晋风度神韵淋漓尽致。趣在笔画间,意在疏密中。线条清秀刚健,笔调畅达老辣,气势奇崛苍劲。气韵恬静和顺,深得书圣《兰亭》之风。
  
  孙壁龙さんは「人は敦雅が、玉のように、波があって、とても敬远します。」信书に书いて、神はあっさりとしていて、きわめて子供のつまらない趣味と胜手な情があります。その想像力、独特の創意性、壺に挥毫し、高古の儒雅、人気がある。点画が清くて、構造が疎開し、唐人の「霊飛経」の思いがあった。筆調がすらっとしていて,楷書も小さい。広々とした磁器のすべては,まだ「工点」のいくらかの貴賤者は十中八九である。芸論者がいて、ある人は、いつものようにして、芸の者はよく言うことができない。あっさりとして、息を楽にして和顺に、何かに呼応して、魏晋风度が何かに満ちています。絵の具の間には,秘密の中がある。線の清秀は剛健で,筆致はとても辛くて,意気盛んである。落ち着いた穏やかさと、深い本の聖「蘭亭」の風。
  
  孙壁龙先生经四十余年苦学、磨练,擅行草、隶书,力求创新,其行草尽展刚柔兼济之个性风格,行笔流畅,飘逸自然不失去挺拔,刚柔不失洒脱!
  孙壁龙さんは四十余年の苦学、锻えて、手にしていて、それを自由に坚持して、その行动は非常に柔软である个性の风格を维持して、行笔は滑らかにして、流れは自然には、まっすぐにはなくて、刚柔しても无駄にしない!
  
  

  茶壶,初为容盛煮水、浸茗汲饮的普通器具。陶壶,后来居上,甚至胜金银、超珠玉而广受青壁龙先生“为人敦雅古穆,壶如之,波澜安闲,令人起敬。”信笔而书,神爽气畅,极有稚拙之趣和随意之情。以其想象力,独特的创意性,壶上挥毫,高古儒雅,隽秀脱俗。点画清逸,结构疏朗,颇有唐人“灵飞经”的意绪。笔调流畅爽捷,气息灵动和顺,点画呼应和谐,魏晋风度神韵淋漓尽致。趣在笔画间,意在疏密中。线条清秀刚健,笔调畅达老辣,气势奇崛苍劲。气韵恬静和顺,深得书圣《兰亭》之风。 禅茶佛壶,和静怡真 孙壁龙先生经四十余年苦学、磨练,擅行草、隶书,力求创新,其行草尽展刚柔兼济之个性风格,行笔流畅,飘逸自然不失去挺拔,刚柔不失洒脱! 茶壶,初为容盛煮水、浸茗汲饮的普通器具。
  
  
  陶壶,后来居上,甚至胜金银、超珠玉而广受青睐。宋风海阳瓷艺坊之耐热煮水壶,自身为工艺品,然而该如何渐渐提升跻身于佳堂美器、陈设宝器之列,变身名副其实之艺术珍品?孙壁龙先生之对策——与书画结缘:“字依壶传,壶随字贵”; 泡茶赏壶之际,人类最为冷静、客观,此时手中之壶势必遭受最严苛的挑剔,犹如女子恋衣情结──永远少一把! 壁龙君自言陶瓷壶上书法之不易:釉下书于坯上,泥不吃料,无晕墨状,如熟宣。 釉下宜大,釉上宜小。初,欲大,奈何大者颇费银两,犹忆年少首书宣纸,手脚齐抖,不能下笔。时至今日,然此病依然。于是小。 有好事者于点画边际染淡料以求宿墨味,予以为雕虫,不然。釉中即吹釉于坯上,釉以颗粒状附着堆积,行笔其上,料饱则渗,线之周边有颗粒纹。料寡则着料者最上层颗粒,其余无,有枯墨味。如生宣。釉上者,料堆于瓷上,如浓墨书于蜡笺,珠圆玉润。 瓷上书法虽古已有之,然未能自成体系。至此,亦常嫁衣于画,只作点题明义之用。奈何不能光大。翘首后来者! 青花料以茶叶水和之,参以桃胶。书小字需待其干而未裂之际以茶叶水再化之,如此反复,可以。书大字则不必。釉上料初为粉末,常以乳香油聚之,然后笔蘸樟脑油渡之于笔上。油多条亦炸,油少笔亦滞。孰多孰少,唯有天知。尝见以水和釉上料者书,如淡墨书于熟宣,失之神采。太黑,易俗。欲淡,稍掺油红。瓷上误书,釉下以刀片剃之,釉上则拭之,误书无妨也!书釉下,欲使其晕,吹青釉。反之,则白釉。 五体书中最贵者为何?答:当属篆书及小楷。释疑曰:篆书慢,小楷小也。泱泱瓷都,尚以“工分”多少论贵贱者十有八九。鲜有以艺论者,有,必大师贯穿始终,艺者不好说,大师具俱证尔。睐。宋风海阳瓷艺坊之耐热煮水壶,自身为工艺品,然而该如何渐渐提升跻身于佳堂美器、陈设宝器之列,变身名副其实之艺术珍品?孙壁龙先生之对策——与书画结缘:“字依壶传,壶随字贵”;
  泡茶赏壶之际,人类最为冷静、客观,此时手中之壶势必遭受最严苛的挑剔,犹如女子恋衣情结──永远少一把!
  
  
  ポットは、开汤、汤を饮む一般器具。陶壷、后には、金銀、超珠玉まで、青壁竜氏に、「だれもがいて、波のように、波のようにして、とても敬远されています。」信书に书いて、神はあっさりとしていて、きわめて子供のつまらない趣味と胜手な情があります。その想像力、独特の創意性、壺に挥毫し、高古の儒雅、人気がある。点画が清くて、構造が疎開し、唐人の「霊飛経」の思いがあった。ペンションは滑らかで、息が穏やかで、それに呼応して、魏晋风度は余すところがあります。絵の具の間には,秘密の中がある。線の清秀は剛健で,筆致はとても辛くて,意気盛んである。落ち着いた穏やかさと、深い本の聖「蘭亭」の風。禅茶佛壶、静怡真孙の壁龙さんは四十余年の苦学、锻え、それは、革新を求めて、その行动は、刚柔兼備の个性の风格を尽くして、笔は滑らかで、ひらりにして、自然は、まっすぐにはなくて、心を失うことができない!ポットは、开汤、汤を饮む一般器具。
  
  
  ポット、后ろには、金銀、超珠玉までも人気がある。水筒の耐熱水の水筒、自分自身を工芸品にしていますが、佳堂美器、お店に設置されて、名実相生の美術品に変身していますか?孙壁龙さんの対策——书画と縁があります。「字は壶の伝承によれば、ポットは字が高い」;お茶をお壶を控え、人間の最も冷静かつ、この手のこん壷の被害が最も苛酷な文句は、女子のように恋衣コンプレックス──永遠の少ない一を!壁龙君は、言叶の上に书いたことがありません。それは、生地の上に、泥が食べて、ほとんどのように见ていません。上薬は大きくて,上薬上は小さい。初めは、欲が大きくて、どうしようもなかったが、多くの人は、それを覚えて、若い最初の本纸を书いて、手足をそろえて、ペンを使うことができません。今日になって,この病気は依然として健在である。それで小さい。いい事があるのは、点画の中に薄氷をつけて宿りの味を求めて、その虫のために作られています。エナールは、その生地には、个々が粒状に付着しており、その上には、懐は、その周辺には粒纹が入っています。生地は、生地が一番上にありますが、残りは、枯れた墨の味があります。生宣。エナメルの上には、浓い墨书のようにして、蝋人形にして、珠玉の玉润润としています。
  
  
  磁器の上の書は昔から既に存在していて,全く自成体制になっていない。これでは、いつもお嫁ぎをして絵を书き、句読点にも用いられる。どうしようもない。首を長くして来ます!青花は茶叶の水と之に、桃を入れています。本の小字は仕事をしなければならないのであって、その时に茶の水を再化して、このように缲り返して、いいです。本の大文字は必要ない。上の粉は、最初は粉末で、常时に乳香油で集められ、そしてカンフルの油の上につけます。油の多くも扬げても、油は少ない。どれだけ多くのことがないのか,ただただ知っているだけだ。水とエナの本を见回し、淡墨书は熟宣にあり、失神した。黒すぎて、俗です。淡くて,少し油を混ぜてください。磁器には誤訳があって,上の下は刀で剃って,薬の上はぬぐって,誤訳は大したものではない!本薬では、それを気にして、青釉を吹きます。逆に、白糖。5体の中で一番高いのはなぜ?答え:篆書と楷書である。小说:篆书は遅いし、小さい楷书は小さい。広々とした磁器のすべては,まだ「工点」のいくらかの貴賤者は十中八九である。芸論者がいて、ある人は、いつものようにして、芸の者はよく言うことができない。ホームシックです。水筒の耐熱水の水筒、自分自身を工芸品にしていますが、佳堂美器、お店に設置されて、名実相生の美術品に変身していますか?孙壁龙さんの対策——书画と縁があります。「字は壶の伝承によれば、ポットは字が高い」;
  お茶をお壶を控え、人間の最も冷静かつ、この手のこん壷の被害が最も苛酷な文句は、女子のように恋衣コンプレックス──永遠の少ない一を!
  
  
  壁龙君自言陶瓷壶上书法之不易:釉下书于坯上,泥不吃料,无晕墨状,如熟宣。
  釉下宜大,釉上宜小。初,欲大,奈何大者颇费银两,犹忆年少首书宣纸,手脚齐抖,不能下笔。时至今日,然此病依然。于是小。
  有好事者于点画边际染淡料以求宿墨味,予以为雕虫,不然。釉中即吹釉于坯上,釉以颗粒状附着堆积,行笔其上,料饱则渗,线之周边有颗粒纹。料寡则着料者最上层颗粒,其余无,有枯墨味。如生宣。釉上者,料堆于瓷上,如浓墨书于蜡笺,珠圆玉润。
  壁龙君は、言叶の上に书いたことがありません。それは、生地の上に、泥が食べて、ほとんどのように见ていません。
  上薬は大きくて,上薬上は小さい。初めは、欲が大きくて、どうしようもなかったが、多くの人は、それを覚えて、若い最初の本纸を书いて、手足をそろえて、ペンを使うことができません。今日になって,この病気は依然として健在である。それで小さい。
  
  瓷上书法虽古已有之,然未能自成体系。至此,亦常嫁衣于画,只作点题明义之用。奈何不能光大。翘首后来者!
  青花料以茶叶水和之,参以桃胶。书小字需待其干而未裂之际以茶叶水再化之,如此反复,可以。书大字则不必。釉上料初为粉末,常以乳香油聚之,然后笔蘸樟脑油渡之于笔上。油多条亦炸,油少笔亦滞。孰多孰少,唯有天知。尝见以水和釉上料者书,如淡墨书于熟宣,失之神采。太黑,易俗。欲淡,稍掺油红。瓷上误书,釉下以刀片剃之,釉上则拭之,误书无妨也!书釉下,欲使其晕,吹青釉。反之,则白釉。
  五体书中最贵者为何?答:当属篆书及小楷。释疑曰:篆书慢,小楷小也。泱泱瓷都,尚以“工分”多少论贵贱者十有八九。鲜有以艺论者,有,必大师贯穿始终,艺者不好说,大师具俱证尔。
  
  磁器の字は古くなっていて、自成体制を満たしていない。これでは、いつもお嫁ぎをして絵を书き、句読点にも用いられる。どうしようもない。首を長くして来ます!
  青花は茶叶の水と之に、桃を入れています。本の小字は仕事をしなければならないのであって、その时に茶の水を再化して、このように缲り返して、いいです。本の大文字は必要ない。上の粉は、最初は粉末で、常时に乳香油で集められ、そしてカンフルの油の上につけます。油の多くも扬げても、油は少ない。どれだけ多くのことがないのか,ただただ知っているだけだ。水とエナの本を见回し、淡墨书は熟宣にあり、失神した。黒すぎて、俗です。淡くて,少し油を混ぜてください。磁器には誤訳があって,上の下は刀で剃って,薬の上はぬぐって,誤訳は大したものではない!本薬では、それを気にして、青釉を吹きます。逆に、白糖。
  
  
  5体の中で一番高いのはなぜ?答え:篆書と楷書である。小说:篆书は遅いし、小さい楷书は小さい。広々とした磁器のすべては,まだ「工点」のいくらかの貴賤者は十中八九である。芸論者がいて、ある人は、いつものようにして、芸の者はよく言うことができない。

打赏

0 点赞

主帖获得的天涯分:0
举报 | | 楼主 | 埋红包
楼主发言:5次 发图:18张 | 添加到话题 |
楼主czckz 时间:2018-03-26 22:22:19
  @的里秋能 2018-03-26 17:12:08
  我来了我留下名字
  -----------------------------
  谢谢! 希望多多指教
楼主czckz 时间:2018-04-24 00:17:42
  @的里秋能 2018-03-26 17:12:08
  我来了我留下名字
  -----------------------------
  谢谢!希望有空多多指教!
楼主czckz 时间:2018-05-09 09:12:50
  thanks for visiting~!
楼主czckz 时间:2018-05-15 00:05:59
  @失话增料举 2018-05-14 23:49:32
  老婆问我:
  -----------------------------
  然后,我曾问佛

相关推荐

换一换

      本版热帖

        发表回复

        请遵守天涯社区公约言论规则,不得违反国家法律法规